公開特許情報
375件中 1-10 を表示     [先頭] [次] [最後]

N18008

発明の名称:形状保存可変剛性機構モジュールおよび形状保存可変剛性シート

出願番号(出願日):特願2018-104742(2018.5.31)

発明者<敬称略>:岩本 憲泰(信大繊維学部)他2名

出願人:信州大学

【発明の概要】任意の曲面に適応可能であり、状態の高速な切り替えができ、しかも剛性を維持するためのエネルギー消費を極力抑えることができる形状保存可変剛性機構モジュールおよび形状保存可変剛性シートを提供する。

開放特許情報データベース




N18007

発明の名称:回動制限機構および三次元線状可変剛性機構

出願番号(出願日):特願2018-104741(2018.5.31)

発明者<敬称略>:岩本 憲泰(信大繊維学部)他2名

出願人:信州大学

【発明の概要】柔軟性を持つロボットアームとしても使用することができ、伸縮方向も含め任意に曲げた状態を維持できる回動制限機構および三次元線状可変剛性機構を提供する。

開放特許情報データベース




N17087

発明の名称:穀物品質評価装置および穀物品質評価方法

出願番号(出願日):特願2018-093884(2018.5.15)

発明者<敬称略>:井上 直人(信大工学部)他2名

出願人:信州大学

【発明の概要】従来、外見上見分けにくい初期段階のカビ等による品質劣化を、短時間でかつ個別に判別することは困難であった。

開放特許情報データベース




N17070

発明の名称:触覚デバイス

出願番号(出願日):特願2018-091525(2018.5.10)

発明者<敬称略>:橋本 稔(信大繊維学部)他1名

出願人:信州大学

【発明の概要】低電圧で駆動することができ、小型軽量化、微細化を図ることが可能で、操作者に的確に触感覚を感知させることを可能にする触覚デバイスを提供する。

開放特許情報データベース




N18002

発明の名称:連続乳化装置

出願番号(出願日):特願2018-090823(2018.5.9)

発明者<敬称略>:酒井 俊郎(信大工学部)

出願人:信州大学

【発明の概要】水と油を連続的に供給しながら効率的にエマルション化する連続乳化装置を提供する。

開放特許情報データベース




L17022

発明の名称:森林資源情報算定方法及び森林資源情報算定装置

出願番号(出願日):特願2018-76426(2018.4.11)

発明者<敬称略>:加藤 正人(信大農学部)他1名

出願人:信州大学

【発明の概要】立木密度の違いや樹高及び樹冠の大小が混交する森林においても、森林資源情報を高精度に算定する。

開放特許情報データベース




N17084

発明の名称:集光ユニット及び太陽光受光装置

出願番号(出願日):特願2018-073121(20108.4.5)

発明者<敬称略>:宇佐美 久尚(信大繊維学部)

出願人:信州大学

【発明の概要】直達太陽光と散乱光を全天から効率的に集光することを可能にする集光ユニット及びこれを用いた太陽光受光装置を提供する。

開放特許情報データベース




N17109

発明の名称:非外骨格型ロボティックウェア

出願番号(出願日):特願2018-071911(2018.4.3)

発明者<敬称略>:橋本 稔(信大繊維学部)他3名

出願人:信州大学

【発明の概要】外骨格型ロボットに比べて、軽量で、装着性が良く、剛体リンクの調整機構を必要としない非外骨格型ロボティックウエアを提案すること。

開放特許情報データベース




N17094

発明の名称:検査方法

出願番号(出願日):特願2018-066495(2018.3.30)

発明者<敬称略>:手嶋 勝弥(信大工学部)他2名

出願人:信州大学

【発明の概要】リチウム二次電池の原料として用いられるリチウム二次電池用電極材料の性能を、短時間で正確に検査する方法の提供。

開放特許情報データベース




N17093

発明の名称:リチウム複合酸化物、二次電池用正極活物質及び二次電池

出願番号(出願日):特願2018-066494(2018.3.30)

発明者<敬称略>:手嶋 勝弥(信大工学部)他3名

出願人:信州大学

【発明の概要】250mAh/g以上の容量を持つリチウム複合酸化物、これを用いた二次電池用正極活物質及び二次電池の提供。

開放特許情報データベース




375件中 1-10 を表示     [先頭] [次] [最後]