夏秋いちご“信大BS8-9”利用許諾
ケーキ等に使用される業務用イチゴは、夏秋期では大半が輸入品ですが、国産品に対するニーズは高く品種の改良が進んでいます。信州大学農学部の大井美知男教授が開発したイチゴ新品種「信大BS8-9」は、夏秋イチゴとして優れた特徴があり、平成23年に信州大学が品種登録(第20845号)しました。
★生態特性:草勢が強く、果実も成り疲れがしにくく病気にも強い。
★果実特性:高温期でも高糖度、果心も赤い。(カットにも向く)
県内栽培家への利用拡大を進め、平成22年に各生産者と利用契約(計24者、12,400株)し、生産拡大中です。